main

人と人を繋ぐのは携帯?手紙?

現代社会のコミュニケーションツールとして最も使用されているのは携帯電話です。
現在ではスマートフォンと呼ばれる多機能携帯が登場し、通信アプリの使用は年々増えています。
それに反比例して、手紙を使用して意思疎通をする人は徐々に少なくなっています。

当然のように、携帯のメールやアプリの即時性には手紙は勝てません。
携帯のメールやメッセージはいわば手軽に送ることができる上に、すぐに確認ができるので、間違いがあったとしてもすぐに修正をかけることができたり、自分の好きな時に確認できたりと利便性においては非常に優れています。

ただ、一方でその利便性から携帯を持っていないと不安になる人が増えてきています。
メールやメッセージ、アプリを利用することで、他の人と繋がっている感覚を持つことが出来るからです。
現在では携帯依存が問題になるほど、その便利さは括目できるものです。

一方で手紙はそのような利便性はありません。どちらかというと、不便です。
一度、書いたら返事を待たないといけなかったり、その返事がいつ届くか分からなかったりと不安にさせることも多いです。
しかしながら、手紙が人を繋ぐ一つの手段であったことは間違いありません。

手紙を書くということは、相手に対しての配慮が必要だからです。
文面を考えて何度も書き直したり推敲したりします。
携帯でも送る前にそのようなことを行いますが、手紙の場合は一度書いてしまうと訂正が思うようにできないのです。
従って、手紙の文面は非常に考えられたものになるのです。

何も便利な道具を使用したからコミュニケーションが簡単になるわけではありません。
確かに情報技術の発達により人を繋ぐことは以前に比較するときわめて簡単になりました。
しかし、逆に手書き、というその本人が持っている字を使用することは、その人がどんな人であるのかを見極める一つの手段になるのです。

手書きの場合は、その筆跡、行使い、使用している言葉などから様々なものを読み取ることが出来ます。
携帯のメールやメッセージは文字が機械で送られるため、そのような温かみを感じることは難しいです。
従って、手書きが好まれるのは書いた人の人間性や立場、状況を垣間見ることが出来るからです。繋ぐというのはその取り巻くすべてを繋ぐという意味なのです。

手書きの方が誠意はこもりますし、もちろん温かみもあります。
一方で、急ぎの連絡は間違いなく携帯を使用した方が速いです。

その用途によって、手紙と携帯を使い分けることが現代社会では大事なのです。

おぼえがき

金沢市の写真館は前撮りで特別な写真が
観光名所でも有名な場所で二人だけの思い出が撮れます

オリーブオイルをお中元に
喜ばれる確かなお中元です

オリジナルウエディングはブリスウエディング
自分達らしい完全オーダーメイドの結婚式を1つ1つ丁寧にプロデュース

赤ちゃんへのプレゼントにはおむつケーキが最適です
Hello Babyならかわいいアイテムがたくさん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>