選らべるからこそ悩む

現代では、様々なコミュニケーション手段があります。携帯電話も普及していて、子供でも、早い子は小学生ぐらいから、中学生ぐらいではほとんどの子が持っています。友達同士などの普段のコミュニケーションは、断然携帯のメールやラインといったSMSが主流です。電話と違って、相手がでれない状況の時でも、自分の用件を伝えることも出来るし、相手からすぐに返信があれば、そのままSMSでリアルタイムでやり取りを楽しむことも出来て、いまではコミュニケーションの手段として欠かせないものになっています。しかし、好きな人への告白や本当に大事な事を伝える手段としては、今、手紙のよさが見直されてきています。もらうことも送ることも少なくなってきている現代だからこそ、改まって手紙を貰うと、それだけで少し特別な気持ちになります。手紙を書くのは、慣れない人にとっては大変な作業です。相手の事を想って、まず封筒や便箋を選び、何て書こうか悩み、何度か書き直したりすることもあるでしょう。それは、携帯の電話やメールでは、なかなか味わえない気持ちです。また、大事なことは、きちんと会って顔を見て伝えたいという人もいます。
コミュニケーション手段がたくさんあって、選らべるからこそ悩むのですが、その時その時の気持ちや、どうしたら自分の気持ちが相手に伝わるかを考えて、その時に1番あった方法を選べるかといいですね。
携帯の電話は、すぐに相手に伝えたいこと、伝えなくてはいけないこと。早く伝えておきたいもの。
メールは、急がないけど伝えておきたいもの。
手紙というのは、残るもので思い出にもなるもの。メールも保存してとっておけますが、手書きのよさがありまた少し違ったものになります。
会社でも、重要度なものは紙の書類として残しておきますね。
きちんと謝らなくてはいけないような事を、メールで、一言、ごめん、だったら、頭に来ることもありますね。
相手に自分の思いが伝わるように、その時その時で、選んで使い分けるといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>