携帯・手紙両方にいい面がある

最近は若い世代は手紙を一度も書いたことがないという方も増えてきたくらい手紙を書くと言う習慣がなくなってきたように思います。たとえば、好きな人への告白も携帯でするようになってきたように、どちらかといえば携帯で文字を書いている方が主流になってきました。しかし、携帯・手紙両方ともいい面はあります。携帯の場合、自分の書いた文章がすぐに返信として帰ってくるので、相手の気持ちが分かりやすいというメリットがあります。また、文字だけでなく顔文字や画像なども挿入できるためさまざまな表現が可能です。一方の手紙にもいい面はあります。便箋に書く場合、自分の気持ちや想いをある程度の長さを書かなければ便箋は埋まりませんので、自分の気持ちを文字にすることで、自分の気持ちの整理できたり、客観的に考えられるという作用があります。また、文字を書くという作業だけでなく、どんな便箋や封筒を選べばいいのかといった部分も楽しむことができます。とちらを使うにしても、自分の思いを文字にする点は同じなのです

人付き合いが嫌いなのかとも

私は携帯でメールをやり取りするのが、苦手なんですよね。
今の時代このような考えの人は珍しいのかもしれませんが、なんだかメールでのやり取りは軽い感じがして苦手なんです。
待ち合わせなどの連絡に使うのは便利かもしれませんが、込み入った話をするには向かないと感じています。
これは単に私が人付き合いが嫌いだからなのかもしれませんが、手紙だったらそこまで嫌じゃないんですよね。

おそらくこれは手紙は気持ちが伝わるというよりも、携帯の場合相手の考えが読めないという点にあるのではないかと思います。
メールというのは無機質なものですから、文面から感情を読み取ると言うことは難しいものになってしまいますが、一方で紙に書かれた字というのはそこから感情を読み取ることができるので、コミュニケーションをとりやすいのではないかと思っています。
また、こちらの感情も字にこめることができ、考える時間が多く取れるというのも手紙のいいところですよね。

若い人というよりも

携帯電話が普及してからというもの、手紙を書かなくなったという人は多いのではないでしょうか。鉛筆で下書きをして文章を考えたり、何度も書き直したりしながら送る手紙は、若い人だけではなく大人の方でも「出さなくなった」という声を耳にします。たしかに携帯電話のメール機能を使えば、間違えた文章も簡単に書き直すことが出来ますし、切手をはったりポストまで出しに行く手間もなく、瞬時に相手に文章を送ることが出来ます。時代に合ったたいへん便利な方法なのは理解できるのですが「気持ちを伝える」という意味では味気ない気もしてしまいます。ですから、日ごろの連絡事項などは簡単便利なメールを使用して「特別な気持ちを伝えたい」時には、手紙を書いてみてはいかがでしょうか。どんなに下手な字でも、一生懸命考えて文字に書いたものは、相手にストレートに気持ちが通じます。「愛の告白」や「誕生日」など特別な時にこそ是非、活用してみてください。