手軽さは携帯が間違いない

昨今新年の年賀状を出さないという若い世代が徐々に増加しています。新年の挨拶を手紙ではなくメールやSMSなどのコミュニケーションツールで知らせるといった方が増えてきているからです。携帯電話や外出時に気軽に持ち歩ける携帯型端末などを個人で持つことが当たり前になる、電話よりもメールで友人とのコミュニケーションをとることが多いといった世代は今後益々増えていくことが予想されるため、手紙の利用率はどんどん減少していくことが予想されています。
これは手紙を出すにはハガキや便箋の料金に加え送料が掛かってしまうのに対して、携帯電話を使用してのメールやウェブでのコミュニケーションツール利用にはお金が掛からないといった点も影響を与えていると言えるでしょう。手軽さだけでなくお金が掛からないといったメリットも携帯には存在しているのです。
そのため若い世代だけでなく中高年世代も携帯のほうが手軽で間違いといった認識を持ち始めています。いわゆる中年世代にスマートフォンなどの携帯端末需要が多いのはこのような理由からであると言えます。
また電報の場合は別ですが、手紙の場合発送から到着までどうしても一日以上のタイムラグがあることから、受け取り返事を書くまでにかなりの時間が流れてしまいます。メールやSMSの場合回線の状況によっては多少のタイムラグが生じる可能性があるものの、発送してたらその日の内に確実に届くため、リアルタイムで現状報告や新年の挨拶などが行えるといったメリットもあるのです。文面をデータとして保存できるため様々なツールから同じ文を閲覧できるといった利点もあります。
携帯だけでなくパソコンからも文章を相手に届けることが可能なので、手軽さという一点のみで話をするのなら携帯端末の方が圧勝だと言えるでしょう。古きよき文化を大切にしたいという気持ちも大事ですが、最新式のテクノロジーを有効活用しないのは損だとも言えるため記憶しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>